おしりのブツブツを治すには外側からのケアだけでなく、バランスの良い食事や規則正しい生活を心がけましょう。

おしりのブツブツの原因と解決法

 

お尻のブツブツを気にする女性

 

体に出来るブツブツの中でも、特に見逃しがちなおしりのブツブツ。目に見えて分かるというよりは、触ってみて初めて分かるというものが多いためなかなか気づきにくいですよね。

 

そんなおしりのブツブツ、一体何が原因で起こってしまうのでしょうか?

 

 

おしりにブツブツが出来る原因

おしりにブツブツが出来てしまう原因は、大きく分けて3つに分けられます。

 

まず1つ目は、刺激による発症。

横になったり座ったりすると、おしりに自分の体の圧力がかかりますよね。
そうすると下着と摩擦を起こしてしまい、ダイレクトに刺激がかかってしまいます。
刺激=肌が擦れることなので、擦れることで乾燥を引き起こしブツブツが出来てしまいます

 

 

2つ目は、毛穴の詰まりによる発症。

皮脂や時には垢が毛穴に詰まってしまうことが原因で出来るこのブツブツを、一般的には粉瘤(ふんりゅう)と呼びます。

 

実はこの粉瘤、おしりのブツブツの中でも最も出来やすいもので、現にこの炎症に悩まされている女性の方も多いのではないでしょうか。

 

ニキビとの区別もなかなかしにくいのですが、粉瘤は
①何度も同じ所に出来る
②毛穴がくぼんでいる

2点で見分けることが可能です。

 

 

そして3つ目は、ニキビによる発症。

ニキビと言うと、顔や背中など皮脂が多く分泌される場所を思い浮かべてしまいますが、おしりもあながち油断は出来ません。

 

先程も述べたように、おしりは体からの圧力を受けやすい部位なので自然と皮膚も厚くなってきます。

 

皮膚が厚くなることはつまり、角質が厚くなるということに繋がるので、知らず知らずのうちに角質が毛穴を防ぎニキビが出来やすい環境を作ってしまうのです。

 

 

 

おしりのブツブツを治すには、普段のケアが大切!

おしりのブツブツを治すには、やはり普段からのケアが非常に重要です。

 

まず、下着類などの摩擦で受ける刺激を緩和するために、ボディクリーム等でしっかりとおしりを保湿してあげましょう。

 

さらに入浴中はゴシゴシこすらない、シャワーでしっかりと洗い流すなど、ボディソープから受ける刺激にも十分な注意が必要です。

 

もちろんボディソープの中には、低刺激のものや保湿に優れているものも多数あるので、必ずしも注意しなければいけないというわけではありません。

 

ですが、体を洗う際の力加減やすすぎ残しはどうしても自分次第となってしまいますので、意識して気をつけるようにしてくださいね。

 

また、バランスの取れた食事や規則正しい生活も、肌を常に良い状態に保つには非常に効果的です。

 

基本的なことではありますが、その基本が果たして十分に出来ているのか、もう一度きちんと確認してみましょう。

 

ブツブツを治すには外側からのケアだけでなく、内側から肌を綺麗にする働きも決して忘れてはなりません。

 

 

余分な刺激を与えない、生活習慣を見直すなど自分で出来るケアの方法について紹介してきましたが、粉瘤は自分で治すことは難しい病気です。

 

ケアしているのに一向に良くならない、何度も同じ場所にできものが出来るという場合は粉瘤である可能性が高いので、疑問を感じたらすぐに病院に行くようにしてください。