脚のブツブツを治すにはムダ毛処理のやり方や回数を見直すことが必要です。

脚のブツブツの原因と解決法

 

足のぶつぶつに悩んでいた女性

いきなりですが皆さん、「あなたは自分の脚に自信がありますか?」と聞かれたらどのように答えるでしょうか?

 

大半の人は素直に頷くことが出来ないか、即答するのに躊躇してしまうかと思います。

 

そんな自分の脚に自信が持てない女性の多くは、特にストッキングを履いても目立つブツブツに悩まされていますよね。

 

脚は一年を通して露出する機会が多い体の部位なので、どこよりも丁寧にケアをしているはずなのに、どうして人一倍目立つブツブツが出てきてしまうのでしょうか。

 

 

脚にブツブツが出来る原因は◯◯にあった!

脚にブツブツが出来てしまう原因は、自分で行うムダ毛処理にあります!

 

中にはアレルギーなど個人特有の皮膚病で起きるケースもありますが、ほとんどのブツブツがこのムダ毛処理で引き起こされるものと言ってよいでしょう。

 

そんな脚のブツブツですが、大きく分けて二種類に分類されます。

 

 

 

赤いブツブツ

くるぶしの上や太ももに出やすいブツブツです。主にカミソリによる角質層の剥がれが原因で出来る炎症で、肌が乾燥している場合はかゆみが出ます

 

乾燥していない場合でも赤いブツブツは出来てしまいますが、その場合はカミソリを保管する際の不衛生な環境下に問題がある場合がほとんどです。

 

 

 

黒いブツブツ

剃りきれなかったムダ毛や埋没毛のことで、比較的全体に出やすいブツブツです。
大体は誤ったムダ毛処理の仕方や、その処理を頻繁に行ってしまうことに原因があります。

 

 

 

脚のブツブツを治すには?

脚のブツブツを治すには、やはり普段のムダ毛処理のやり方を見直すことが一番です。

 

 

 

まずは、ムダ毛処理を行う回数を見直しましょう。何度も行うと皮膚が傷ついてしまうので、夏など肌を露出する機会が多い季節以外は出来るだけ毎日剃ることは避けてください。

 

 

 

また、毛抜きでの処理もNGです。
毛抜きで処理をしてしまうと、埋没毛の原因となってしまいます。

 

一度出来た埋没毛は自分で治すことはなかなか難しいので、簡単に毛が抜けるからと言って日常的に使用するのはやめましょう。

 

 

 

前述したように、特に赤いブツブツは肌が乾燥してしまうことで引き起こされるので、お風呂上がりにボディクリームでお肌を保湿してあげることも必須です。

 

脚は体の中でも皮脂が出にくい部位ですので、意識してたっぷりとクリーム等でケアしてあげてくださいね。

 

乾燥が進むお風呂上がりだけではなく、出かける前や日中のちょっとした隙間時間に保湿するのもオススメです。

 

 

 

さらに、普段使用しているカミソリの衛生状態をもう一度確認しましょう。

 

雑菌が繁殖することを防ぐために、使用したあとはきちんと洗って乾かす、同じ刃を何度も長い間使わないなど基本的なことではありますが、しっかりと見直してみてください。

 

 

脚にブツブツが出来るか出来ないかは、まさに自分のムダ毛処理の仕方にかかっていると言っても、過言ではありません。

 

ブツブツが出来てから嘆いてしまうより、出来ないように普段からしっかりとした対策を行いましょう!